現在のページ : トップページ

性行為に支障

包茎のペニスということで、女性との性行為に何かしらの支障が出る人もいます。
仮性包茎の人に関しては、そこまで深刻な問題ではないかもしれません。
これが真性包茎となると話は大きく変わってきます。

真性包茎のペニスは、勃起したとしても亀頭が包皮で覆われたままの状態で剥けることがありません。
これだとどうしても女性との性行為はうまくできません。
また、真性包茎だと無理に包皮を剥こうとすると亀頭にかなりの痛みを伴う恐れも出てくるのです。
こうなってしまうと、本来の快感であるはずの女性との性行為が成立しなくなってきます。
これが大きな女性との性行為の支障になるのですが、もちろん他にも理由というのが存在してきます。

包茎のペニスは、亀頭が包皮に覆われているため、亀頭の成長というものを阻害する傾向にあります。
亀頭が成長しないということで、亀頭自体も大きくなることが阻まれ、先細りのペニスになってしまうのです。
先細りのペニスということは想像してもらってもわかるように、亀頭が小さくなってくるので、性行為の際の女性への挿入時の刺激が少なくなってきます。
女性に対して快感を与えづらくなります。
これに関しては大きな死活問題にも発展しかねません。

女性も同じように性行為を楽しみたいものです。
それが楽しめないとなればその人との性行為にも嫌気がさされ、パートナーとして認めてもらえずいつまでも子孫繁栄ができずにいる可能性も出てきてしまいます。
精神的にも苦痛を強いられる問題になりますので、早めの処置をすることで苦痛からの開放をすることが大事になってくるのです。